「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

只今グラスで御用意している白ワイン。

f0237677_1550535.jpg


シャトー レストリーユ キャプマルタン
2007

葡萄品種はセミヨンとソーヴィニョンブラン
香りは柑橘類、ハーブそしてハチミツ
それらを樽の優しいぬくもりで包みこむ
イメージ。
シャルドネの様な派手さはないけど
とても上品に仕上がっていますよ。
[PR]
by gr-musigny | 2010-05-11 15:50
雨あがりの靫本町で妄想中です。

f0237677_16432839.jpg


ジョルジュ ルーミエ ボンヌマール 2007

近々確認予定です、詳細はまた追って...

どんなんかな~?
[PR]
by gr-musigny | 2010-05-07 16:43
個人的に興味があるワインを飲んで
みました。 オレゴンのワインです。

f0237677_15302993.jpg


クラウドライン ピノノワール 2008

クラウドライン ピノグリ 2007

そのまま飲んでもつまらないので、
羽山シェフと大羽ちゃんにブラインドで。
まずはピノノワールからです。
適温で出すと香りで新世界あたりと
感づかれそうなので少しだけ温度を
下げて(意地悪)向き合ってもらいました。
思った通り、綺麗なベリー系の香りと
少し青いニュアンス、そして後から
じわっとくるタンニン。果実味も
たっぷり有ります。美味しいです。
2人の答えはジュヴレ・シャンベルタン
とフィサンでした。温度が上がって、
香り、味わいのボリューム感が増して
から飲んでもらうとシェフが
「あっ、新世界の香りやね」と、
温度は大事ですね~。

さて、お次はピノグリです。
この葡萄独特の果実味と酸味を感じて
もらおうと先にピノノワールを飲んで
もらったんですが、これは適温で
ブラインド。2人の答えはアルザスの
リースリングとニュージーランドの
ソーヴィニョン・ブランでした。
どちらのニュアンスも有り納得の答え
でした。詰まった果実味と爽やかな
酸味でとても飲み易く美味しいです。

何でも生産本数が少ないらしいですよ。
以上、確認報告終わります。
[PR]
by gr-musigny | 2010-05-01 15:30