人気ブログランキング |

カテゴリ:新着ワイン( 10 )

暖かくなったり、また寒くなったりと不安定な日々が
続いてますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
花粉症の方もかなりきつそうですね。。。(自分はまだその扉を開けてませんが)

確実に春がやってきてるのを日々感じつつ、
そのをイメージするワイン(またいつもの個人的妄想です。)をご紹介します。

f0237677_17544182.jpg

ローラン・バンワース ’09 エデル
僕も初めてお目にかかるアルザスの生産者です。
初代ローランが立ち上げ、1950年代から続く家族経営の小さなドメーヌ。
今までは除草剤、化学肥料を使用し、葡萄を栽培してきましたが
1987年からドメーヌに加わった息子のステファンが友人のクリスチャン・ビネールの
ワイン(自然な栽培、醸造、味わい)に感動し、2004年からビオディナミ栽培を実施。

彼らの持つ畑は真南そして西向き斜面のため日照量に恵まれ、アルザスの中でも
一番乾燥して雨量も少ない場所なので熟度の高い葡萄が育つらしいです。

さて、肝心のお味ですが。。。
エデルに使用されているぶどう品種はシルヴァネール、オーセロワ、
ゲヴェルツトラミネール、ピノグリです。
グラスに注ぐと少し粘性があります、
色も少し黄金色で凝縮感のあるワインだと想像できます。
香りはリンゴや洋ナシの香りが爽やかに通り過ぎると、白い花の蜜の甘い香りが続きます。
飲むと本当に詰まった果実の凝縮感と旨味の厚みがあって、
結構しっかりとした味なのですが、アルザスワインの独特フローラルな香りと
スパイスのニュアンス、そしてしっかりとした酸味がバランスよく共存して
軽やかに飲めて余韻も長く、綺麗です。
花が咲き誇って色鮮やかな春と言うより、これから芽を出し、力強く伸びてゆく、
これから始まる春のイメージなワインです。(なんか大袈裟になりましたが)

なにより、2009年は造り手も納得の出来だそうですよ。
是非飲んでみて下さい。
今日は著名な白ワインの生産者のアリゴテをご紹介します。
ドメーヌ・ラモネのブルゴーニュ・アリゴテ2009
言わずと知れたシャサーニュ・モンラッシェ村の生産者で
もちろん造り出されるシャルドネは素晴らしく、ブルゴーニュの白がお好きな方の
憧れ。。。そんなラモネが造るアリゴテの新ヴィンテージが入荷しました。
f0237677_13113254.jpg

もうラベルを見ただけで美味しそうです(笑)
このワインは生産量が大変少ないのです。現当主のノエル・ラモネの
祖父ピエール・ラモネがACブルゴーニュの畑に植樹したアリゴテで60年以上の樹齢。
なので収穫量も少ない上に年々シャルドネに植え替えているそうです。
フランスの名だたる三ツ星レストランなどに卸され、通常の販売はなんと日本だけっ!
ただレアなだけではありませんよ、味も大変素晴らしいです。
アリゴテ特有のフレッシュな柑橘系の香りと高樹齢のブドウから得られる
凝縮した果実の香り。少しスパイシーさと詰まったエキスで一般的なアリゴテとは
一線を画す味わいです。なかなかお目にかかれないアイテムですので
是非手にとって見て下さい。
久しぶりの雨、冷えますね~。
そしてこんな日にゆっくり飲みたいワインが入荷しました。
2001年にネゴシアンのカミーユ・ジルーを救うために24歳で醸造長に抜擢された、
デヴィット・クロワ。彼がオーナーのドメーヌ・デ・クロワのワインです。
f0237677_14294184.jpg

ドメーヌ・デ・クロワ ブルゴーニュ・ピノノワール 2008
がっ、入荷したてで、数も少ないというわけでまだ飲んでいません(汗)
2005年設立のまだ新しいドメーヌですが、すでにカミーユ・ジルーでの
実績があり評価の高いワインです。僕も2007年のクロワのワインは飲んでいますので
参考までにそちらの感想を。(ヴィンテージが違いますのであくまで参考です)
何種類か飲んだのですが、どのキュヴェも香りは華やかで深く、力強さを感じながらも、
赤いベリーのチャーミングなニュアンスもあり引き込まれました。
飲んでもイメージそのままで旨味もたっぷりあってボリューミーなのですが、
その余韻を残したまま綺麗にほどけていく。。。美味しいワインです。
今日おすすめしたのはブルゴーニュですが、写真後ろにチラ見している
ドメーヌ本拠地のボーヌのワインも御座います。
新着のロゼワインをご紹介します。
ロゼワインと言うと春から夏のイメージかもしれませんが、
この時期にもおすすめ出来る味のあるロゼワインが入荷!
f0237677_21215688.jpg

フィリップ・シャルロパン・パリゾ マルサネ・ロゼ2008
ブルゴーニュのジュヴレ・シャンベルタン村が本拠(1993年にマルサネ村から移動)
の造り手で大変人気があり、ワインも入手困難です。
ブルゴーニュ・ルージュからグランクリュまでわりとキュヴェの数は
たくさんあるのですが、どれも生産量が少なくお値段もそれなりなので
あまり飲むことが出来ません。。。
でもこのロゼはリーズナブルで美味しいんです!(ただ、数はやはり少ないのです。。。)
いわゆるロゼと言われるピンクよりサーモン・ピンクな感じでオレンジですね。
香りはしっかりピノノワールで赤い果実を思わせ、しっとり上品な印象です。
口に含むと調和のとれた果実味と酸味がいっぱいに広がり、優しいタンニンも
心地良いですね。ミネラルも豊富で和食とも合いそうです。
2005年からリリースされたまだ新しいキュヴェですが味はとても確立されています。
もちろん冷やしても結構ですが、少し温度を上げて飲めばよりブドウの
旨味を感じることが出来ますよ。
是非飲んでいただきたい1本です。
少し前に入荷していたのですが。。。
おすすめのシャンパーニュをご紹介しますね。
シャンパーニュ地方で素晴らしいピノノワールを産する村といえばアイ、アンボネィの名前が
先に挙がりますが、忘れちゃいけないもう一つの聖地、ヴェルズネイ村(グランクリュ)の
ピノノワールだけで造られた拘りのシャンパーニュ!
f0237677_18162241.jpg

ミッシェル・アルノー グランクリュ・ヴェルズネイ・ブリュット・トラディション・NV

ヴェルズネイ村で父ミッシェルと醸造家の息子パトリス親子が造るシャンパーニュです。
少し濃い黄金色の中を昇って行くきめ細かい泡がとても綺麗です。
フレッシュなチェリーの香りや蜂蜜、少しスパイスのニュアンスも感じられ複雑で凝縮感のある味、
酸が上品なので重くならずエレガントな余韻です。
ゆっくり時間をかけて飲んでいくとピノノワールの果実味がさらに膨らみます。
週末にじっくりとこんなシャンパーニュはいかがですか?
とてもオススメしたいワインが入荷しました。
こちらの2本です。
f0237677_17561615.jpg

ヴァンサン・エ・ドニ・ベルトー ブルゴーニュ・ルージュ2007(右)
リエッシュ ピノグリ クープ・デ・クール(ドゥミセック)2009(左)
ヴァンサン・エ・ドニ・ベルトーはフィサン村に本拠を置く歴史ある生産者です。
フィサンの1級畑やジュヴレ・シャンベルタンの1級畑も所有していて、
あまりメジャーではないですが、古き良きブルゴーニュワインの造り手です。
そんな造り手の普段飲みブルゴーニュが入荷しました。
繊細でチャーミングな赤い果実の香りと甘酸っぱい果実味。可愛い印象でありながら、
酸とタンニンもしっかり感じられ不思議と飲みごたえのある、そしてしみじみ美味しいワインです。

もう1本は個性的なエチケットですっかりおなじみ?のリエッシュです。
とてもキャラクター豊かなワインを生み出すアルザスの生産者です。
リエッシュは他にも入荷してるキュヴェもありますが、今回はこちらのピノグリをオススメします。
注いだ瞬間からグラスいっぱいに広がるピュアで甘い葡萄の香りにおもわずニッコリ!
飲むと最初はドゥミセックながら、酸とミネラルがはっきりと感じられドライな印象ですが、
時間とともに葡萄本来の甘みがじわじわと出てきます。でもワインの骨格となる酸、ミネラルも
もちろん、しっかりあるので飲み飽きません。
このキュヴェはグランクリュ以外のピノグリのいいとこ取りらしいですよ。
いや~、癒し系のワインですね。

今回ご紹介したワイン以外にもオススメが入荷してますのでお気軽にお立ち寄り下さいね。
個人的に年末からお正月にかけてアルザスワインを飲む機会が多かったのですが、
是非おすすめしたいワインが入荷いたしました。

ドメーヌ マルク・クライデンヴァイス
ヴィーベルスベルグ・リースリング・グランクリュ 2003
メンヒベルグ・ピノグリ・グランクリュ 2003
の2アイテムです。輸入元にもごく僅かな数しか残っておらず、少量の入荷ですので
テイスティングはしておりませんが、以前飲んだ印象では(2~3年ほど前かな?)
リースリングは柑橘系と熟したリンゴや花の香りなど複雑な要素があり、
しっかり厚みのある果実味と酸で骨格のはっきりしたワイン。当時でも十分美味しかったです。
ピノグリは特有のハチミツやスパイス感もありブドウ本来のエキスや甘みがありながらも
上品な酸で嫌味が全くなくこちらも素晴らしかったです。温度を上げて飲めば
チーズやデザートにも合いそうです。
しっかりと味のある白ワインなので寒いこの時期にもおすすめです。
2本とも、もちろんワインだけで楽しんでいただける素晴らしい物ですが、
とても口当たりも優しいので是非お食事と共に味わってもらいたいですね~。
f0237677_14274623.jpg

ご覧の通り、エチケットのデザインが一緒ですが、こちらの造り手は毎年画家に
ワインを飲んでもらい、そのイメージでデザインが決まるそうです。
ただその年のワインは銘柄が違っても見た目が一緒なので少し判りにくいですが。。。
なかなかバックヴィンテージの出てこない造り手なので興味のある方は是非っ!
現行ヴィンテージのアンドロー・リースリング2008
クリット・ピノブラン2008も御座います。
皆様のお越しをお待ちしております。 
新入荷ワインのご紹介です。
ロワールのマルク・ペノが造るムロン・ド・ブルゴーニュ(ミュスカデ)です。
ブルゴーニュでわずかに栽培されていたのと、メロンに似た香りを持っていることが
この品種名の由来だそうです。

一般的に大量生産されるこの品種に情熱を注ぎ、素晴らしいワインを造っている生産者です。
藤丸もドメーヌを訪問しています。詳しくはコチラ

新入荷はこの2アイテム
f0237677_1538549.jpg

左:ラ・デジレ ニュイタージュ’09                 右:ラ・デジレ’09
ぱっと見では判りにくいですが。。。

まず、ラ・デジレです。いや~美味しいですね(笑)、ピチピチと弾けるようなフルーティな香り、
ハーブや白コショウの様なニュアンスもあり、味が単調にならない。
気が付いたらグラスが空になっている。。。そんなワインです。

そして、ラ・デジレ ニュイタージュ このキュヴェは発酵が深夜にスタートするように調節して
低温でゆっくりとブドウのエキスをより引き出すという手法で造られていて、
優良ヴィンテージのみの生産です。 通常キュヴェですらほんとにミュスカデ?と思うほどの
旨みがあるのにニュイタージュはさらに上をいっています。
飲んだらおもわず笑顔になってしまいますよ!まさにメロンのような濃密な果実味、
ワインの骨格をうまく形成している上質な酸味。。。ホントに美味しい。

先日おすすめしたギィ・ボサール(こちらも素晴らしい生産者)とは
少しスタイルが違うと思いますので飲み比べてみるのもいいかもっ!
タイトルが唐突ですが、ゲームをしていたわけではないですよ。

はい、もちろん新着ワインのお話しです。

f0237677_2051077.jpg


ドメーヌ・デ・マロニエール ”シャブリ” 2008

何も急に気温が下がった日にシャブリを紹介しなくても。。。

てなツッコミはナシでお願いしますネね。 

クリアー!と言うのはこのワインを始めて飲んだ時の感想です。

飲んですぐに広がる果実味(フルーティー!)、
それを追いかけて来るように心地よい酸味(くぅー!)、
そして苦みと言うか塩味(ミネラリー!)

味わいの要素がうまくまとまって透明感があります。

是非とも食事と共に楽しんで頂きたいワインです。


もちろん、ヌーパピヨンに持ち込んで頂けますので

前菜の豚すね肉のゼリー寄せテリーヌ、自家製スモークサーモン、
主菜の帆立貝のポワレ・シトロンのソース等とも相性よさげです。


お家で楽しまれるなら。。。
カキ(でたっ、カキとシャブリ!)と野菜のしゃぶしゃぶとか、
あっ、栗ごはんもいいですよ。

こんな感じでちょいちょいとおすすめワインを紹介していきますね!
こんにちは。

みなさん週末はいかがお過ごしですか?

これからの季節に特に美味しい
南仏のワインが入荷してきましたよ!

f0237677_12265872.jpg

*写真見ずらくてスミマセン(汗)

ヌーパピヨンのお料理とご一緒に、
又は週末の一本にいかがですか?

お待ちしております。